2016年08月15日

夏コミお疲れ様でした。


今年も暑かった……というか、人出が異常に多かったです。
三時を回っても全然減らなくて、ちょっと人に酔った感じ。
今回は荷物を送っちゃったのでかなり楽でした。文フリとティアは地獄だったし……。
冬も申し込みましたが、どうなるやら。
どうせイベント出るなら新刊欲しいですよね……需要はないけど。
頑張るます。
と、いうのも、勢いに任せてだばーっとイベント申し込みまくってしまったので。
小説ページの頭にメモっておきました。抽選もあるのでまだ確定ではないのですが、毎月何かあるよ……!(ふと冷静になってうろたえる)

で、即売会ではないのですが。
8/27。中恵光城のワンマンライブがあります。
ASTEL GATE(http://nakae-mitsuki.net/live_astel1/
完全にお客としてですが、行きます!

そしてうっかり宣伝しそびれましたが、光城嬢の夏の新作。
あぶきゃすの旧作をまとめたベストアルバム(二枚組!)だそうです。

黒川が歌詞を担当した曲もいっぱい収録されていますので、ぜひ。
ぱわーあっぷした光城嬢を堪能してください。
posted by 黒川 at 12:58| 日記

2016年08月13日

夏コミ

受かってます参加します(ずさー
気が付けば前日とか、怖すぎる。

3日目東5ホール パー43b です。

●お品書き●
New! 獣ノ噺 第二夜 氷 ¥100
君のためにできること ¥800
優しさは星と共に降る ¥1000
胡蝶の天秤 ¥500
沈黙の従者 ¥500
シュロスの幻奏 ¥1000

この他、各作品を試し読みできるフリーペーパーと、在庫処分の黒川本(二)を無料頒布します。
オススメは新刊と「君のためにできること」。
世界観が繋がっているのでにやりとできるかもしれません。
獣ノ噺は単品の読み切りとして楽しめますが、最終章まで書きあがったら一冊の本としてまとめる予定です。
来年になると思いますがね……(遠い目)

さらにおススメなのが「シュロスの幻奏」。
黒川うみ、あたいわだれか、悠花のコラボレーション作品です。
黒川は作詞と世界観構築を担当しました。
無機物萌えー廃墟萌えー。と、唱えながら作った一品です。
「シュロス」というのはドイツ語で「城」という意味で、主役は「城」です。
いくつもの年代、様々な主がいたことを「城」は夢に見るのです。
この作品は現在、黒川庵、流浪の民、ロータスルートオーケストラで入手可能です。(在庫少なので売り切れていたら申し訳ありません。お問い合わせ頂けら幸いです)

余談。
新しいバイトを始めて幾数日。
同僚から産まれて初めての質問をいただきました。
「何か、スポーツとかやってた?」
「??? え、特には……」
基本引きこもりなんですとは言えず……お茶を濁しておきましたが。
小学生くらいまで遡っていいなら「アスレチックを少々」というところ。
え、確かに体力使うけど、この仕事、スポーツとかやってないと辛いようなハードなお仕事でしたっけ??
疑問符を頭の上に浮かべながら岐路につきました。
posted by 黒川 at 05:55| 日記

2016年05月06日

がっしゃん

順調に回復を見せていた腰が、不測のトラブルにより悪化しました。
自転車のチェーンが外れて、3kmくらい押して歩いてきたんですが……絶妙に腰にくる態勢。
母に絶対安静を申し渡される。(ぷるぷる)

GWのイベント、お疲れ様でしたー。

黒川庵のスペースはこんな感じ。
ふ ご お お ま、眩しい……!
一度やってみたかったサービスクロスが半端ねえ存在感を放っていました。
イラストに惹かれて本を手に取った方もいたようです。納得。

文学フリマもコミティアも一人で参戦でしたが、売り子要員は必要ですね……トイレに立てないし、他のサークルさんをゆっくり回れないのが残念です。
今後考慮しようと思います。

そしてわざわざ黒川庵を訪ねて来て下さった方までいて……差し入れまでもらってしまって……。
感謝感激なのです。
原稿、書かねば(使命感)

新刊「君のためにできること」と「シュロスの幻奏」の方、通販リストにそっと追加しておきましたので、もしイベントには来れなかったけど……という方は通販をご利用していただけると幸いです。
http://kurokawaan.com/shop.htm
posted by 黒川 at 21:26| 日記

2016年04月30日

お品書き

5/1 文学フリマ キ-10
5/5 COMITIA116 S34-b

持って行くものは共通です。

新作・君のためにできること ¥800
・胡蝶の天秤 ¥500
・沈黙の従者 ¥500
・優しさは星と共に降る ¥1000
・シュロスの幻奏(冊子付CD) ¥1000

ピックアップすべきはシュロスですね。
作詞:黒川うみ 作編曲歌唱:あたいわだれか、悠花
……の「城」をモチーフにした音楽CDです。
読むと「ああ、あれはそういう意味か」と納得できる冊子つきです。
残部少なのでお早めにどうぞ。

@めも
黒川はガラケーなので会場からはツイッターなどの応答が一切できません。あしからず。
posted by 黒川 at 10:00| 日記

2016年04月29日

まいがーれぽ

今日は楽しみにしてたイベント日です。


迷子erになって遊んできました。
前半は謎解きイベント、後半はぷよ大会でした。
せっかくなので両方参加してきたのですが、会場隅のソファでぐったりしてました(笑)
こし……腰が……今なら優先席でもいける気がする……。
元気はあります。ただ、腰がよろよれ。

澄み渡る晴天、ビル風荒ぶる渋谷の街に黄色い洋服のあの子が降り立つ−―。
第一回には行けなかったので、すごく楽しみにしてて、早く着いてしまいました。
会場が駅からちょっと歩くということだったのでかなり警戒していたのですが、なんとか迷子にならず済みました。
私が着いた時には既に列ができており、「みんな早いなあ」って思ってたら背中をツンツンされました。
現地集合の友人とさっくり合流できて一安心。

受付で名前を言って入場するのですが、
「黒川です」「あれ? うみちゃん?」「……はい?」
あ、あれ? スタッフの方に知り合いいたっけ? ってマジできょどりました。
でも聞き覚えのある声……おや?
友人に話を振ると誰それだよと教えてもらえたのですが、
「もう何年もお会いしてないのでお顔忘れてました……(萎縮)」心の中で平謝り。
超お世話になってるじゃないですかーやだー。
謎解きイベントの前に記憶力を試されている、だと……ごくり。

受付を済ませてソファに座り、早速渡された謎解きに取り掛かる。
ややフライング気味。
「あっちに移動するみたいですよ」って言われるまで素で集中してました。ツッコミありがたやー。

謎解きは友人と二人で協力して解きました。
ウチら得意分野全然違うよなあ、って改めて思いました。
それが功を奏してか、タイムカレンダーよりかなり早く正答を導くことができました。
謎解きはそんなに難しくなくて、初めてでも入りやすかったです。
うん実は、名札の裏は、名前書いてくださいって渡された瞬間「シール剥がれそう……」って思った。
迷子絵馬は買うか買うまいか最後まで悩んでいたのですが、結局CDを二枚で妥協しました。お財布ピンチ。

迷子イベとぷよ大会の間の短い時間に一旦外に出てお昼ごはん(ドトールのミラノサンドAうまうまでした!)をかっこんで戻りました。
開会式に間に合わないかも! と急いだためぎっくりの腰にダメージ蓄積。
会場隅のソファに沈み込みました。
そうしたら、そこがちょうど予選モニターがよく見える位置で。
個人戦参加しないし見学してよーと居座ることを決めました。
ぷよぷよは好きだけど、実力はお察し。見てるが吉です。
あと立ってるのつらい(本音)

ぷよらーがいっぱい居て、昔行った公式大会を思い出しました。すごく懐かしい感じ。
よっちとぷよまつ教授の解説を聞きながら目を細めて眺めてました。
また視力下がったんじゃなかろうか……よく見えんぞ(震)

そうこうしていると団体戦の組み合わせが貼り出されたので見に行く。
「漢字使った名前の人少ない……」ぽろっと本音が。
でもこれならすぐに自分の名前見つかるぞ! って必死に黒川の字を探してたんですが……。
ないんです。
何度見ても。
黒川さんの名前が。
あれ? あれ? エントリーしたよね??
超不安になっておろおろしてたらスタッフの方が名札とトーナメント表見比べて「あれ? 名前ありませんね」って声かけて下さって。
そーなんですうううと内心泣きながら頷きました。
すぐに確認して名前を書き足して頂けて安堵しました。
スタッフさーん、名前わからないけどありがとうございましたー!

そして再び会場隅のソファの人となる。
出番が来るまで。私は。ここを。動かない。

黒川は初心者枠で先鋒を務めさせていただきました。
何を思ったのか普段階段積みの人が挟み込みやってトロトロしてたら、あっという間に負けました。
なぜ挟もうと思ったorz
結果として、団体戦は対戦したそのチームが優勝なさいました。
決勝戦はシアタールームのスクリーンに映し出されてて、大迫力でした。
レベル高い……。

予定より参加人数が多かったからか、だいぶ時間がおしてました。
ここは居座らずさっと挨拶を済ませて、さっと帰ろう。
ということで、よっちにブツを託して会場を後にしました。
本当は欲しいものがあったので渋谷ロフトに寄ろうと思ったんですが、地図を見た瞬間ギブアップしました。
元気な時に、買いに行きます。しゅん。

本日一番の敵は強風でした。
黒川の触覚(前髪)がぶわわんってなってました。
そんな自然現象にも負けず、よくこれだけの人が集ったなーと感心しました。
思ってたより人が多くて。
次開催するとしたら会場はもっと広くていいかもしれませんね。物販の新作も期待です。

目下の悩みは明後日の文フリ……この腰でカート引いて行けるだろうか……ぷるぷる。
posted by 黒川 at 22:20| 日記